子供の受験戦争はけっこう怖い

最近ではこどもの幼稚園・小学校・中学校などの受験戦争が相変わらず激しいといわれています。以前は受験戦争といえば、大学受験のことを指していたのが一般的でしたが、いまでは大学受験より年齢の若い小学校や中学校への受験が主流となってきました。

子供の受験はその子供にとって非常に重要なものになっています。日本はこれまで学歴社会といわれてきました。そのため、中学校や高等学校、大学を通じてどの学校に通って卒業するかがその後の職業や社会ステータス上重要になってくるからです。

仮に中学校に入学するとしても、その中学校が公立中学校なのか私立中学校なのかが重要になりますし、私立中学校の中でも偏差値がより高い中学校に入ることが価値があるという世界があります。こうしたことから、子供を持つ多くの親は子供が受験戦争を勝ち抜き、よりよいステータスを得ることができるように日々その努力を惜しむことなく子供にささげています。

一般的に大学受験はほぼすべてと言ってよいほど学力によることがほとんどですが、小学校や幼稚園の受験については、その子供の学力のみならず、言葉使いや礼儀など総合的な視点で判断されるケースがあります。また、その子だけの判断だけではなく、その子の両親も面接などで判断材料とされるケースがあることから、この受験戦争は親子で乗り切る必要があります。

大学受験の場合、学問だけが判断基準になることがほとんどのため、学習塾に通ったり、通信教育を受けるなどしてとにかく学力を重点的に上げることで希望する大学に焦点を当てることができます。一方、小学校や幼稚園の場合はその判断基準が学力からしつけまでと広範囲にわたるため、その対応が非常に難しいものとなっています。

そのため、日常の家庭生活からが受験戦争の始まりと言っても過言ではありません。例えば、家庭での言葉つかいを丁寧にしたり、食事の際のはし使いを正しい形にしたり、敬語の使い方など学ぶべきことは幅広く多岐にわたります。中でも首都圏にある有名幼稚園に入学を目指す場合は、高い月謝を払って学習塾に通い、目指す幼稚園の過去問題を勉強し、定期的に親子面談を通じてその子供が学習すべき論点を洗い出します。

有名な学習塾になると、子供に対する指導も厳しくなることから、中には勉強がいやになる子供もいますが、両親に励まされ厳しいしつけや学習を乗り越えて、受験戦争に勝ち抜き志望する学校に入学します。

オススメサイト

SMSサービスは世界共通のサービス規格
国際的にみたら、テキストメッセージの需要は非常に多い

POPなウェディングソングをお探しで試聴したいなら
プライベートジュネス月子はウェディングソングも手掛けている

商品撮影
バーチャルインは1カット300円で撮影してくれる