いい学校へいれることが目的か

[ 2014.06.18 ]

子供に幼稚園や小学校を受験させる目的は親によって様々で、単純にいい学校へいれることが目的と言いきれるものではありません。

もちろん中には名門校を受験させ、合格すれば自慢になるという考えの人もいるかもしれません。

しかし、多くの場合、子供によりよい環境で勉強をしてほしいという気持ちが一番強いはずです。

例えば、住んでいる地区の公立小学校が荒れていて心配というようなケースもあるでしょうし、家柄の良い家庭の場合、周囲に考慮して同じような立場の子どもが多い学校を選ぶことでしょう。

もしも、厳格なカトリック教徒の親御さんであればカトリック系の学校へ進んでほしいと考えるかもしれません。

私立の学校はそれぞれ校風に特色があり、我が子の適性に合う学校を選べば、のびのびと育っていくことが予想されます。

このように子供の受験戦争は必ずしもいい学校へ入れることだけが目的というわけではなく、その背景にあるのはやはり子供の健やかな成長を願う親の心といえるのです。

オススメサイト

中学受験・予備校・塾・家庭教師のニュース一覧